定住外国人求職者への合同教育訓練

2018年10月03日

イメージ画像

イメージ画像

静岡県に定住する外国人労働者の正社員化に向けた就業定着事業について、現在磐田市周辺を重点地域として、外国人住民の聴き取りや教育訓練を開催しています。

カトリック磐田教会では、外国人住民に向けた「若者のためのミニ国際運動会」を初めて開催しました。これは、教会に多くの外国の方々が集うようになってきたことから、コミュニティを盛り上げるために行っているものです。 当日は、ブラジル、フィリピン、ベトナムなどの親子などが多く参加し、スイカ割りや綱引きなどを楽しみました。 運動会をはじめ、ポルトガル語や英語のミサ開催日にお邪魔して、外国人住民の就労支援事業について説明させていただきました。まだまだ派遣などの形で働く外国人の方が多いため、これからも機会をいただき、皆さんにこの事業を説明したいと考えています。

この機会に1人でも多くの外国人が正社員としてまじめに長く静岡県の会社で働きながら、安定した不安のない生活を送って欲しいと思います。

合同教育訓練の内容(開催場所:カトリック磐田教会)

  • 8月19日 日曜日 12時00分~14時00分 若者のためのミニ国際運動会
  • 9月2日 日曜日 19時00分~21時00分 ポルトガル語のミサ
  • 9月9日 日曜日 14時00分~15時00分 英語のミサ

それぞれの会では、各国の人たちが100人以上集まりました。全体説明後正社員希望の人と面談を行いました。
この合同教育訓練は今後も続け企業とのマッチングにつなげていきたいと考えています。
この事業の周知が進み今後若い人たちも応募してくることを期待しています。