個人情報保護方針

2015年12月16日

「公益財団法人静岡県国際交流協会(以下「協会」という)ホームページ」では、ホームページを通じて行われた各種事業の申込みや登録、あるいは提供を受けたご意見、ご提案、お問い合わせなどに含まれる個人情報に係る保有、取得、管理及び利用・提供等について、「公益財団法人静岡県国際交流協会個人情報保護規程」に基づき、次のとおり適切に取り扱います。

個人情報とは

生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できる情報をいいます。

保有の制限

個人情報を保有するに当たっては、協会の事務を遂行するため必要な場合に限り、かつ、できる限り特定した利用目的の達成に必要な範囲をこえません。利用目的を変更する場合も同様です。

取得の制限

個人情報を取得するときは、適法かつ適正な方法で原則として本人から取得します。
原則として、思想、信条及び心境に関する個人情報に関する個人情報を取得しません。
本人から直接書面により個人情報を取得するときは、原則として本人に利用目的を明示します。

適正な管理

個人情報が、利用目的の範囲内で事実と合致するようにします。
個人情報の漏えいを防止する措置を講じます。
個人情報の取扱いを委託するときは、個人情報の保護のために必要な措置を講じます。

利用・提供の制限

原則として、保有している個人情報を利用目的以外に利用したり、提供したりしません。
個人情報を提供するときは、提供先に対して個人情報の保護のために必要な措置を講じます。
コンピューターをオンラインで結合して個人情報を提供するときは、個人情報の保護のために必要な措置を講じます。

開示・訂正及び利用停止

協会が保有している個人情報については、本人であれば誰でも開示請求することができます。
開示を受けた自己の個人情報が事実と違うと思うときは、その情報の訂正を請求することができます。
開示を受けた自己の個人情報が適正に取り扱われていないと思うときは、その情報の利用の停止、消去又は提供の停止を請求することができます。

通信データの暗号化

申込みや登録、あるいはご意見、ご提案、お問い合わせなどのページのうち、アドレスが https:// で始まるメールフォーム(ホームページの定型画面から指定アドレスにメールを送信する機能)は、通信データの暗号化(SSL)に対応しています。

 

  • 平成29年度会員大募集!!
  • あなたの会社にも外国人正社員!!
  • DVに悩むあなたへ DVの相談者も支援者も使える多言語ガイドができました!