細江町国際交流協会

2019年01月15日

サブ画像

サブ画像

メッセージ 我々の草の根活動に賛同いただける方、一緒に国際交流しませんか!!ホームステイしてアメリカの生活を体験しましょう!
団体名 細江町国際交流協会
市町 浜松市
取組名 姉妹都市(アメリカ キャマス市)との親善交流訪問団(中学生・一般)の派遣・受入れ
総事業費 600000
助成金額 350000
連携団体 CAMAS市
背景 1981年、アルバート・アットウエル氏の紹介で、第1回訪問団がキャマス市を訪問し姉妹都市誓約書に調印、交流スタートしました。
目的 「人の心に国境はない」相互理解と共に友好親善を深めることを目的としています。
概要 1994年、それまで細江町の運営だったものを、草の根交流理念のもと市民がボランティアで運営しはじめ、中学生を中心に互いに交換訪問しています。
特色/特徴 互いにホームステイすることで構築される信頼関係のおかげで、37年継続できています。
実績 活動開始から現在までに細江町からは288名、キャマス市からは143名の中学生がホームステイを体験しています。
今後の展開 現在の活動を継続するとともに、2021年には40周年記念行事をとり行う予定です。

一覧に戻る