「生活者としての外国人」のライフステージに寄り添う地域日本語教育を考える

2021年09月06日

浜松市のNPO「フィリピノナガイサ」主催の講座です。

地域日本語教室は、社会情勢が切り離せません。それに伴い、関わる人材の変化も求められます。

フィリピノナガイサが文化庁より「生活者としての外国人」のための日本語教育事業を受託してから11年が経ちました。 開始直後の学習ニーズは「生活上での困りごと」でしたが、滞在年数が長くなり、今では「就労」「ライフキャリア(人生そのもの)」に変化してきています。 こうした方々に寄り添う、地域日本語教育人材のあり方について考えてみたいと思います。

そして、海外の移民施策の事例も参考にしましょう。

詳細、お申し込みについてはフィリピノナガイサのホームページをご確認ください。

概要

開催日9月20日 月曜日
開催時間13時00分~17時30分
開催場所オンライン(Zoom)
対象どなたでもご参加いただけます
参加費無料
定員100名
ホームページ特定非営利活動法人フィリピノナガイサ

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み方法
Googleフォームから、お申し込みください。
お問い合わせ先
特定非営利活動法人フィリピノナガイサ
電話番号/ 松本(日本語)090-9175-8380 中村(タガログ語)080-4308-8380
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イベント一覧