子ども日本語基金 日本語学習教材給付事業(対象:地域日本語教室)申請受付開始

2019年05月16日

外国人学校と地域日本語教室では申請に必要な書類や助成内容が違いますので、お気を付けください。

 

日本語学習教材給付事業(対象:外国人学校)

助成内容

日本語学習に必要な教材の中から、子ども一人当たり年間2,000円を上限に日本語学習教材を給付する。

対象

静岡県内に所在し、本国政府から学校としての認可を受け、その認可内容を遵守した教育が実施されている学校

条件

所属児童生徒が国、県及び県関係団体並びに市町から教材費について補助その他の助成を受けていないこと。

申請方法

日本語学習教材給付申請書(様式1)を事務局に申請する。

申請期間

2019年4月22日 月曜日~5月17日 金曜日 必着効

申請書類

 

日本語学習教材給付事業(対象:地域日本語教室)

助成内容

1教室あたり10,000円を上限に、日本語学習教材費を助成する。ただし、子どもの数が20人に満たない場合は、子どもの数に500円を乗じた額を上限とする。

条件

  • 日本語学習指導者(※1)としての条件を満たす者が1名以上いること
  • 活動に関する規約を有すること
  • 年間収支が明瞭であること
  • 代表者及び会計責任者の定めがあること(代表者と会計責任者の兼務可)
  • 営利を目的とする団体又は地方公共団体が運営主体でないこと
  • 静岡県内で開催される教室であること
  • 国、県及び県関係団体、並びに市町から補助金その他の助成を受けていないこと
  • 原則として、5人以上の子どもを対象とした地域日本語教室であること
  • 原則として、子ども一人当たり週1回以上日本語学習指導を行うものであること
  • 子どもの年齢や学習段階、日本語能力、状況等に応じ、適切な学習支援の内容を遂行できるこ と
  • 原則として、日本語学習指導を行う者が子ども5人につき1人以上いること
  • 外部からの委託を受けて実施する地域日本語教室ではないこと

※1 日本語学習指導者としての条件(いずれか一つで可)

  • 1年以上日本語教育若しくは研究に従事した者、又は1年以上外国人児童生徒の学習支援に関する日本語ボランティアの経験がある者
  • 学校で教師等の経験がある者
  • 公益財団法人日本国際教育支援協会が実施する日本語教育能力検定試験に合格した者
  • 文化庁の「日本語教員養成のための標準的な教育内容」で定める420時間以上の養成講座を修 了した者
  • 大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する主専攻を修了し、卒業した者(関係科 目45単位以上)
  • 大学(短期大学を除く)において日本語教育に関する科目を修得し、卒業した者(関係科目 26単位以上)

申請方法

認定申請書(様式1)に教室概要書(様式2)及び団体規約を添えて事務局へ提出する。

請求

認定を受けた地域日本語教室は教材を購入し、助成金請求書(様式4)に支払証拠書類を添付して翌月10日までに協会に請求する。

申請期間

2019年5月1日 水曜日 ~6月21日 金曜日 必着

申請書類

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み方法
申請書類を事務局(静岡県国際交流協会)に提出してください。
お問い合わせ先
公益財団法人 静岡県国際交流協会(基金事務局)
住所:〒422-8067 静岡市駿河区南町14-1 水の森ビル2階
電話番号:054-202-3411
ファックス番号:054-202-0932
メールアドレス: info@sir.or.jp
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イベント一覧